本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode2「旅立ち」 第4話 〜アコードの想い。そして旅立ち〜

 二人が村の広場に戻ると、俺たちの前には再び村人によって人垣ができた。

 俺たちが人垣を体よくあしらい、何とか自分の席に座ったのもつかの間、村人によって再度人垣ができあがってしまった。

 その人垣の中に、アコードの親友シューの姿があった。

「アルモと一緒だったようだが、うまいこといったのか?」

「シュー!そんなんじゃないって…」

 勘違いしている…俺はそう思ったが、うまい弁解が思いつかず、シューの質問に対して返答ができずにいた。

「また振られたのか?」

「またって、俺はまだ一度も振られていないぞ!」

 シューの言葉に、思わず声を荒げる。

「そうか…ていうことは、アコード、お前アルモに気があるってことだよな」

「シュー!」

 悪戯な質問を投げかけ、不器用にウィンクをしながら、シューは人垣の中へ消えていった。

 そんなシューを横目に、俺はふとアルモを見た。

 月明かりに輝く金色の髪、俺好みの、いや、男性であれば「美しい」と感じるにはいられないであろう整った顔立ち、そして、コボルトとの戦闘でアコードが垣間見た、慈悲深く、それでいて何者にも負けまいとする気迫…アルモの全てが、俺にはまるでフォーレスタの森に君臨した戦女神(ヴァルキリー)であるかのように感じられた。

 豊穣と戦勝を祝う祭事も酣を迎え、村人たちの盛り上がりが最高潮になった夜半過ぎ。俺がアルモの席の方を見ると、先ほどと同様、まるで神隠しにでも遭ったかのように、アルモは姿を消していた。

 再びアルモを探しに行こうと立ち上がろうとしたその時、母である村長が俺の前に腰を降ろした。手の平についた土を両手で軽く叩き、正面にいる母に向かい直す。

「アコード。アルモが旅に戻っていった。私はせめて明日の朝にと引き止めたのだが、聞き入れてくれなかったよ。どうしても、行かなきゃならないそうだ」

 俺は、狼狽せずにはいられなかった。先ほどまで、良い雰囲気で話せていたのに、なぜこんな重要なことを直接伝えてくれなかったのだろうか。そんなことを思う前に、俺の体は動いていた。アルモが向かったであろう方向へ全力疾走する。

 いつも陽気で何でも話してくれる母が、なにも言わなかったことも気になった。シューの言うように、俺は本当にアルモのことを好いているのだろうか。その気持ちに気づいていないのは、他でもない自分だけなのか…さまざまな疑問が浮いては消え、浮いては消えを繰り返す。

 回想世界では堂々巡りを繰り返し、現実世界ではアルモの後ろ姿を見つけることができず、どうしようもない無力感が俺を襲ってきた。だが、同時にアルモと初めて出会った時のことを思い出していた。

 ”最初に出会ったのは村の倉庫が置かれた南の森の外れだった。村に立ち寄ったような話もしていなかったし、北の街道を進んだのだろうか”

 ふと気づくと、俺は分かれ道に差し掛かっていた。片方は南の森へと抜ける道。もう片方は、北の街道への近道だった。

 ”だが、もし俺との出会いを少しでも良く思ってくれているなら…”

 俺は、どちらの道へ進むか迷い、その場に立ち止まった。こうしている間にも、アルモとの距離が少しずつ、だが確実に離れているというのに…。

 そう思っていた矢先、今一番聞きたい人物の声が耳に入ってきた。

「アコード!どうしてここが…」

 驚いて振り向いた先には、月明りに照らされたアルモが驚愕した面持ちで佇んでいた。

 アルモの姿が目に入った俺は、考えるよりも先に言葉が口から出ていた。

「まだ、伝えてないことが、たくさんあったんだ!」

「そ…それは、私もよ…」

「まだ、きちんとお礼できてないし…とにかく、ありがとう。そのさ…」

「…なに?」

「いや…俺たちを、フォーレスタを救ってくれたこと、そして、俺の気持ちを変えさせてくれたことをさ…」

「…君の気持ち?」

「俺は将来、母さんの跡を受け継いで村長になる。父さんが死んでから、ずっとそう思って生きてきた。村長になることが、俺の運命なんだ、って」

「…」

「でも、君と出会い、初めての実戦を君と戦って、気づいたんだ。このまま、俺は村長になっていいのか、と。今の俺じゃ、村長になるには役不足なんじゃないか、って」

「…」

「それに、俺の力が君の旅の役に立つなら、力になりたいんだ。君の旅の目的はまだ聞いてないけど、君の持つ剣が尋常でないものくらい、一緒に戦った俺には分かるよ。君にとって迷惑じゃないなら、俺を旅の仲間に加えてくれないか…」

 俺の言葉に、アルモの緊張した顔がふっと抜けた。

「本当に?私と?」

「ああ、君さえ良ければ…」

「だけど、村はどうするの!?あなたがいなくなったら…」

「大丈夫さ。母さんだって、まだ若い。俺が数年いなくなったって、全然平気だよ。それに、君がこの村に来て見せてくれた姿に、俺は憧れたんだ。外の広い世界を、この目で見てみたい」

「そう…なら…私は断る理由なんてないわ!」

 手を差しのばすアルモ。俺は差し出された手を無言で握り締め、それに返した。

 すると、アルモは光の剣を鞘から抜き、頭上へ掲げた。剣が月明りに照らされ、神秘的な光を放つ。

「行こう!月光の導きのままに!」

 そう言い放ったアルモの顔はとても眩しく、空に浮かぶ月より綺麗だった。


 数日後、フォーレスタを南北に突き抜ける街道の北側を歩く、二つの影があった。

 一方の影が携えた剣の鞘からは微かな光が放たれ、旅行く二人を守るかのように、淡く包み込んでいるのだった。