本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode3「捕縛」 第2話 〜レイスの襲撃〜

「…悪いが、お前らを泊めることはできない。帰ってくれ!」

“バタン”

 乱暴にドアが閉められ、外につけられた鉄製の取っ手が“カンカン”と音を鳴らしている。

「…困ったわね…」

「…別の家をあたってみよう。たまたま、この家の人の機嫌が悪かっただけかも知れない」

 ところが、どの家を訪問しても、結果はNOだった。

「…この集落で、一体何があったのかしら?」

「アルモ、あそこに見えるのは、寺院じゃないか?」

 俺は、まだ足を踏み入れていないこの集落の方角を指さす。

「確かに。寺院なら、無碍に訪問を断らないでしょうし、事情を聞きに行ってみますか」

 そう言うと、寺院に向かいながら、剣を綺麗な布で包み出すアルモ。

「…その布は?」

「これは、この剣の魔力を外に放出しないために、特別に作られた布なの。寺院に、魔法を使える聖職者がいたら、この剣はやっかいなことになるから…」

「確かに。そんなことも想定して、アルモは旅をしているんだな」

「まあ、ね。この布を手に入れたのは、旅立った後だったけどね…」

「そう言えば、旅の目的はさっき話した通りだけど、旅立ちのきっかけとか、身の上話はまだだったわね…」

「ああ。今日の寝床を確保できて、話す気があるなら話してくれ。話す時間は、たっぷりあるんだから」

「そうね」

 そうこうしているうちに、俺たち2人は寺院の門前に到着していた。

「…アコード!何か様子が可笑しくない?」

 到着早々、アルモは異様な雰囲気を感じ取り、俺に問いかけてきた。

 鉄製の門は、上部の蝶番が外れ、今にもとれかかりそうになっている。

 中庭を経て数歩先にある寺院の建物に目をやると、木製の入口の半分がボロボロに破壊されている。

 中庭に咲いていたであろう花は無残に踏みつぶされ、見る影もなかった。

「…何者かに襲撃を受けたんだわ…寺院から、血の匂いがする…」

「慎重に、中に入ってみよう」

 俺はアルモから譲り受けた、魔力を帯びたショートソードを身構え、アルモはさっと魔力遮断の布を剣から取り去ると、鞘から剣を抜き、目の前に身構えた。

「…まだ、寺院に教団の聖職者がいないと決まった訳じゃないぞ。アルモ、大丈夫なのか?」

「そんなこと、言ってられないでしょ!?それに、ワイギヤ教団は、環境整備を怠らないことで有名なの。門や中庭のあの惨状を見れば、この寺院に教団関係者がいない可能性の方が高いわ」

「…慎重に進むしかないな」

「ええ」

 俺とアルモは、各々の武器を身構えたまま、とれかかった門には触れず、中庭へと侵入した。

「…血の匂いが濃くなった。やっぱり、あの寺院の中は…」

 アルモの言葉に、想像したくない光景が俺の頭を過ぎる。

「あの中に、この犯人がまだ居るかも知れない…」

「ええ。入口まで来たら、両サイドに分かれて中の様子を伺って、様子が分からなければ1、2、3の合図で突入しましょう!」

「了解!」

 寺院の入口まで到着した俺たちは、アルモの作戦通り入口の両サイドに分かれ、中の様子を伺う。

「…暗くてよく分からないわね…」

「仕方ない。アルモの合図で突入しよう」

「分かったわ。1……2………3!!」

 俺たちは閉じかかっているドアを蹴り開き、寺院内に突入した。

 薄暗かった寺院内部を、オレンジ色の西日が照らし出す。

「!!!」

 俺とアルモは、内部の惨状に絶句した。

「…これは、ひどい…」

「誰が、こんなことを…」

 寺院内には、参拝者であろう遺体が散在し、中央の台座には、この寺院の主と思しき僧侶の遺体が横たわっていた。

 その時…

「アコード!気をつけて!!」

 突然のアルモの忠告に、何とか身体を動かし、周囲を見渡す。

 すると、目にも留まらぬ速さで動く一つの影を確認できた。

「アルモ!」

「きっと、犯人よ!」

 寺院の中央付近まで突入していた俺たちは、互いを背中合わせにしてその場に立つ。

「背中は預けたわよ」

「ああ」

 刹那、見えない敵が魔法らしきものを放った。

“スピリットドミネーション…”

 俺たちの頭上に、紫色の雲のような物体が突然現れたと思った次の瞬間には、それは俺たちを包み込んでいた。

「いけない、アコード。早く、この場から…うっ…」

 その場に蹲るアルモ。

「アルモ!どうした!!」

「…私の…ことは……早く…にげ…て…」

 そのまま気を失い、アルモはその場に倒れ込む。

「ほほう。私の精神支配の魔法に耐えるとは…あんた、何者だい!?」

 顔を上げ入口の方向を見ると、露出の多い派手な服を身に纏った女性が立っていた。

「お前!アルモに、一体何をした!?」

「何さ、簡単なことさね。精神支配の魔法をかけただけさ。命に別状はないはずさ」

「それよりも、あんた、魔法に耐性でも持っているのかい!?私の魔法をはじき返すなんて…」

 俺は、目の前の女性が何のことを言っているのか、さっぱり理解できなかった。

「まぁ、いいさ。その手の物が伊達なのか、試してみるだけさね」

「お前は一体何者だ!」

「これは失礼。私はレイス。盗賊さ。お前は?」

「俺は…アコードだ!」

 そう言うと同時に、俺はショートソードを構え、地面を蹴った…