本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode3「捕縛」 第3話 〜捕縛と脱出〜

“キーン”

 刃と刃がぶつかり、独特の金属音が寺院内に鳴り響く。

 地面を蹴って勢いをつけた俺の一撃を、レイスは短剣で受け止めた。

「…なかなかやるわね」

「そりゃ、どうも!!」

 刀身に力を入れると、相手の短剣から伝わる力の反動を利用し、数歩後ろへ飛び退く。

「(…俺のショートソードの一撃を短剣で受け止められるということは、力は俺以上にあるということか…)」

 ふと、相手の短剣を見ると、俺のショートソードと接触していた部分が欠けていることに気付く。

「おやおや、そのショートソードには、どうやら『魔法』が込められているみたいだね…どこでその剣を…いや、そんなことはどうでもいいさね」

「どういうことだ!」

「どうせ、その剣は数分後には私のモノになっているからだよ!」

 するとレイスは短剣を勢いよく寺院の壁めがけ投げ捨てた。

 そして、背負っていた鞘から2本のショートソードを両手で抜き去ると同時に、地面を蹴り俺に突撃してきた。

“キーン”

“ドフッ”

「グワッ…」

「…今のあんたに、そのショートソードは『宝の持ち腐れ』だよ!」

 レイスの片手の一撃を俺はショートソードで防いだものの、もう一方のもち手の一撃をわき腹に食らいその場に蹲ると同時に、口から生暖かいものが吐き出されるのを感じた。

「いくら魔法に耐性があるとは言え、弱っている身体にこの魔法を弾くだけの力はあるまい…」

“スピリットドミネーション”

 俺の頭上に、再び紫色の雲のような物体が突然現れ、俺を包み込む。

「くっ…そ…」

“バタン”

 俺はレイスの精神支配の魔法に犯され、その場に倒れ込んだ。


***


「…ア……ド……アコー………アコード、アコード!しっかりして…」

 朦朧とする意識の中、俺は俺の名を呼ぶ馴染みとなった声に導かれ、目を開けた。

「アルモ…ここは一体…」

「寺院で出くわしたあいつに、ここに運ばれてきたみたい…」

 周囲を見渡すと、そこは洞窟の牢の中のようだった。

 鉄格子の外の廊下には、たいまつが轟々と燃えているのが見える。

 そして、その下に俺のショートソードとアルモの剣が立てかけられていた。

「そうか…俺たち、捕まってしまったんだな…」

「そうみたい…早く王都に行って、ガイーラさんと合流しないといけない、というのに…」

「ガイーラ、とは?」

「フォーレストの近衛隊長を務めている、私の古くからの友人なの」

「その人と合流する途中にフォーレスタにたまたま立ち寄って、俺たちの村を救ってくれた、という訳か…」

「そういうことになるわね」

“コツコツコツコツ…”

「シッ…誰か来たわ…」

“コツコツコツ…”

「…この2本の剣は、確かあの子が持っているはずのもの…」

「!!その声は、ガイーラなの!?」

「アルモ!アルモなのか!?」

 鉄格子の向こう側に、長身の騎士が現れる。

「やっぱりアルモだったんだな…一体どうしたんだ!?」

「ガイーラ!あなただったのね…良かった…あなたこそ、どうしてこんなところに!?」

「王都近くの村の寺院が襲われている、という報告を受けて調査をしに来たんだが、酷い有様になっていてな…」

「それで、それを仕出かした犯人と思しき人物の後をつけてきたら、ここにやってきた、という訳だ…アルモは、まさか…」

「その人物と戦って、見事に負けたわ…私は、精神支配の魔法をかけられて、すぐに戦線離脱しちゃったんだけど…アコード!あなたは、もしかして…って、まだ紹介していなかったわね…アコード、ここにいるのが、さっき話をしていたフォーレスト国の近衛隊長ガイーラさん!」

「アコード=フォーレスタです」

「フォーレスタって…フォーレスタ村の村長の一族か?」

「はい。今は私の母が村長を務めていますが…」

「そうか…それでアルモ、何か言い掛けていたようだけど…」

「そうだったわ!アコード。私はあいつの魔法にやられてしまったけど、貴方はどうだったの?」

「俺は、最初の魔法を弾き返せたみたいで、そいつと…レイスと戦った」

「レイス…あいつはレイスというのね…」

「(レイス…)」

 レイスという名を聞き、首を傾げるガイーラ。

「ああ。でも、俺の攻撃は通じなかった。レイスの攻撃をもろに食らって、2回目の魔法で俺は気を失ったんだ…」

「そうだったの…」

「2人とも、立てるか!?とりあえず、ここから急いで出たほうがいい」

「そうね。ガイーラさん、この鉄格子、どうにかできる!?」

「ちょっと待ってろ。2人とも、そこから離れて」

 牢の奥へ下がる俺とアルモ。

 次の瞬間、ガイーラは剣を鞘から抜き去ると、目のも留まらぬ速さで錠前を攻撃し、破壊した。

“ギィ”

鈍い音と共に、鉄格子の扉が開く。

「さぁ、こっちだ」

「ありがとう、ガイーラさん」

「ありがとう」

 牢から脱出した俺とアルモは、たいまつの前に立て掛けられたそれぞれの武器を手に取ると、ガイーラの後に続いた。

 しばらくすると、出口らしき光が見えてきた。

「もう少しでここから脱出できるぞ!」

「そうみたいね。急ぎましょう!」

「ああ」

 そして、外に出た瞬間…

「ご苦労さん!お三方!!」

 俺たちは、聞き覚えのある声に立ち止まり、振り返った