本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode4「王都陥落」 第4話 〜隠れ通路〜

 城門でレイスたちと別れて数分後、俺たち3人はフォーレストの王城前に到着していた。

 フォーレスト王城は周囲を堀と塀に囲まれた、堅固な守りで知られる城だった。

 故に…

「…信じられない…」

 物陰に身を潜めながら、王城を眺めるガイーラが絶句する。

「…塀の上に掲げられていた国旗が、全部ワイギヤ教のものになってるわ…」

「これって、つまり…」

「王城は、ワイギヤ教軍によって占領された、という意味ね…」

「堅固な守りで知られた王城が、こうも簡単に落とされてしまうとは…」

「…王都の兵士の中に、ワイギヤ教の間者が居たんじゃ…」

「!!」

「確かに、それならフォーレスト国が魔法の研究を極秘裏に行っていたことを、教団が知ったことの説明にはなるわ。でも…」

「…身内を疑いたくはないのだが、今となってはそれしか合点の行く説明が、俺にも思いつかない」

「…どうする?ガイーラ。このまま引き下がるか?」

「いや…夜を待って侵入しよう。俺に考えがある…」

「考えとは?」

「まぁ…その、あれだ。城の兵士だからこその、『裏技』的なものだな…」

「???」

「???」

「詳しくは、夜になってからだ」

 俺たち3人は、夜になるのを待つことにした…

* * *

 夕日が西の空に落ち、夜の帳が降りかけた頃、俺たち3人はレイスと合流した。

 あの男の子は、無事に近くの集落に預けられたようだ。

「よし、それじゃ潜入作戦を開始するとしよう」

 そう言うとガイーラは、ついて来いという合図を手で送りながら、王城とは反対側の、狭い路地へと入っていく。

 何事もなかったかのようにガイーラの後をついていくレイスの背中を追うように、慌てて俺とアルモが後に続く。

「レイス…」

「何だ、アコード」

「本当に、こっちでいいのか?王城からどんどん離れていく気がするんだが…」

「主のやることに無駄なことはないはず。黙ってついて行けば良い」

「…」

 どうやら、レイスにもガイーラが何を考えているのかは分からないようだ。

 しばらくすると、古井戸のある袋小路にたどり着く。

「ここで道は途切れているわね…」

「…そう言えば、こっちの方は延焼を免れているようだな…」

「占領した王城を守るために、ワイギヤ軍も考えて放火をしたようね」

「この土地は、常に王城の後ろに聳える山脈から吹き降ろされる風が吹いている。だから、城下町で火の手が上がっても、王城には絶対に火が移らないのさ」

「なるほどね…それで、どうするの?ガイーラさん…」

「それなんだが…アコード!ちょっと手伝ってくれ!!」

「ああ、構わないが、何をすればいいんだ?」

「井戸の反対側に回って、俺と一緒に石の蓋を地面に降ろして欲しいんだよ」

「了解」

“ギギギギギギギギ…”

 石蓋と、石で作られた井戸が擦れ合う音が周囲に木霊する。

 半分位開いたところでガイーラが力を緩めたので、俺もそれに従う。

「この古井戸は、王城への隠れ通路に繋がっている。俺も兵卒だったころは、この隠し通路の世話になったものだよ…」

「街へ遊びに繰り出すために、とか?」

 少し頬を膨らませたアルモがガイーラに問う。

 って、なんでアルモは頬を膨らませているんだ!?

「いや…まぁ、そんなところさ。さて、ワイギヤ教軍の兵隊に見つからないうちに、早く侵入してしまおう!」

 ばつが悪くなったからか、ガイーラはそう言うと、古井戸に設置された梯子でさっさと下へ降りていってしまった。

「さぁ、2人も主に続いて!!」

「アルモ、行こう!」

「…」

「アルモ?」

「えっ!?」

「大丈夫か?アルモ…」

「もっ…問題ないわ。ガイーラさんに続けばいいんでしょ!?」

「殿(しんがり)は私が務める。2人は早く中へ」

 レイスに促され、アルモに続いて俺も古井戸の中へ入っていった。

「…やっと来たか」

「…これは…ヒカリゴケ!?」

 古井戸の梯子を降り切ると、そこにはヒカリゴケが繁殖した洞窟だった。

「先々代の国王の命で、洞窟に繁殖させたそうだ。松明がなくても、緊急時に困らないよう、とね」

「なるほど。ヒカリゴケが天然の松明となっているわけか」

「フォーレストは植物の研究が盛んに行われている地域だからな」

「その研究を隠れ蓑に、教団に内緒で魔法の研究もやっていたんだけどね…」

「…兎に角、先に進もう。こっちだ」

 ガイーラを先頭に、俺たち4人はワイギヤ教軍に占領された王城へ侵入するため、ヒカリゴケの洞窟を奥へと進んでいった。