本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode4「王都陥落」 第5話 〜侵入〜

 コカリゴケに囲まれた洞窟を奥へと進んだ俺たち4人は、王城裏口付近へと続く梯子の前までたどり着いていた。

「…ここから、王城の近くに出れるんだな」

「そうだ。引き続き、俺が先に梯子を登るから、後に続いてくれ」

「了解」

「分かったわ」

「主の思うがままに」

 金属製の梯子は、俺たちの登る歩調に合わせ、“カン・カン”という音を出している。

「…この音で、敵に気づかれないかしら…」

「この通路の存在は、一部の兵隊しか知らない。それでいて、王城側の出入口は、普段人気(ひとけ)の全くない場所だ。恐らくは、大丈夫だろう」

 2、3分程登っただろうか。先頭を行くガイーラが昇るのをやめる。どうやら、出入口まで登り詰めたようだ。

「ちょっと待ってくれ………ウッ…ウォリャ!」

 足をうまく梯子にかけ、先頭のガイーラが石の蓋を掛け声と共に横にずらしていく。

「みんな、砂や埃が落ちてくるから、下を向いて目を閉じるんだ!」

 ガイーラの忠告に、3人が忠実に従う。

“ギギギ…”

 石の蓋が横にずれると同時に、ガイーラの忠告通り、砂や埃が上から振ってくる。

「…みんな、もういいぞ」

 ゆっくりと目を開け見上げてみると、石の蓋が半分程開いた状態だった。そこから月明りがまぶしい程に照らされ、その光に負けたヒカリゴケの発光が無くなっているのが分かる。

「…外には誰もいないようだ。外に出よう」

 周囲を確認したガイーラが外に出ると、それに続いて俺を含む3人が順番に外に出る。

「主。この後は?」

「…この近くに勝手口がある。そこから場内に侵入しよう」

「ここからは、ワイギヤ軍との戦闘を避けることは、恐らくできないだろう」

「気を引き締めていかなきゃね!」

「そうだな!!」

「勝手口はこっちだ。行くぞ!」

 再びガイーラを戦闘に、俺たちは勝手口へと向かう。

 途中、城壁を見回っているワイギヤ軍兵士を目視で確認した俺たちは、それをうまくやり過ごし何とか勝手口までたどり着いた。

「よし!何とかここまでは誰にも気づかれずに来たな」

「ここからはどうするの?」

「やはり、ここも俺が先に行って中を確認して来よう。それが、一番スムーズに陛下のところまで行けるはずだ。皆は、ここで待機していてくれ」

 そう言うや否や、勝手口から城内へ侵入するガイーラ。

「それでは、私はこの周囲の警戒に当たろう。主が戻ってきたら、猫の鳴きまねをして呼んでくれ」

 そう言うや否や、偵察を始めるレイス。

「…何だか、ごめんなさい。アコード…私の…私たちの戦いに巻き込んでしまって…」

「何で、君が謝る必要があるんだ!?」

「だって、あなたはフォーレスタ村の跡取りで、あそこにいれば村長の座が約束されていた訳で…」

「例えそうだとしても、母さんは何もしないで俺を村長にはしなかっただろうな…『フォーレスタ家は、村民と共にあれ』が家訓だから…」

「村の長っていうのも、案外大変なのね…」

「まぁ、でも俺は気の置けない友だちが2人、いや、今は3人も居てくれる。それだけで、俺は幸せなんだと思うよ」

「(アルモ。君のお陰で、俺は変わることができそうなんだ。それに、大切な友だちも…)」

「3人!?シューさんとサリットさんと、後は?…」

「…アルモ!君だよ…」

「えっ!?」

 別に恋の告白をした訳でもないのに、顔を真っ赤にする俺。

 そして、心なしかアルモの顔も、薄紅色に染まっているように見えた。

「まぁ兎に角、今はフォーレスト国王陛下の安否を確認して、もしご無事だったら、フォーレスタ村までご案内しよう。母さんが今ここにいたら、きっとそうしろと言うに決まってるし」

「そうね。アコードがそう言ってくれるなら、フォーレスタ村にご案内しましょう」

“コツコツコツコツ”

「どうやら、ガイーラが戻ってきたようだ」

“にゃ〜お…”

 アルモが可愛い猫の鳴きまねをする。

「…どうしたの、アコード…」

「いや、アルモの猫まね声、可愛いなぁと思って…」

「!!」

 思わず本音が口を突いて出てしまい、赤面する俺。

「…普段は、こんなことしないんだから、ね…」

 恥ずかしそうにそっぽを向くアルモ。

「???どうしたんだ、2人とも…」

 そんな俺たちを見て疑問に思う戻ってきたレイス。

「いや、レイス。何でもないんだ」

「???」

「…大変だ!謁見の間の方向から、剣のぶつかり合う音が聞こえてくるんだ!」

 戻ってくるや否や、急報を伝えるガイーラ。

「それじゃ、陛下は今…」

「恐らくお一人か、もう一人の近衛隊長と連携して戦闘をしているのだと思う」

「いずれにしても、早く謁見の間へ向かった方が良くない?」

「アルモの言う通りだ。主、早く謁見の間へ…」

「俺も、そうした方が良いと思う」

「…よし、決まりだな。謁見の間へと急ごう」

 俺はアルモからもらったショートソードを鞘から抜くと、臨戦態勢のままガイーラの後に続き、勝手口から城内へと侵入した。