本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode4「王都陥落」 第6話 〜裏切り?〜

 勝手口からの侵入に成功した俺たちは、ガイーラを先頭に謁見の間へと向かっていた。

「…それにしても、ワイギヤ軍の兵隊が全く現れないわね…」

「…外壁には占領を示す旗の掲揚、町への放火、放火による城内への延焼は地形の関係から心配されない…そんな状況下で、占領した城内に人っ子一人姿が無いというのは…」

「主、心当たりはお有りか?」

「特に思い当たるふしはないが…考えられることと言えば、既に国王陛下が殺害されたか国外へ連れ出されたかで、フォーレスト自体を占領の価値なしと判断し、王城と城下町双方を放棄したか…」

「確かに、放棄したというなら、この状況の説明にはなるわね」

「…でも、そうなった場合、フォーレスト国の国家体制はどうなってしまうんだ!?俺の村も微弱ながらもフォーレスト国の守りがあったからこそ、今日まで成立していたのだし…」

「そう言われてもな…いずれにしても、まずは国王陛下の安否を確認しよう。考えるのは、それからでもいい」

 フォーレスタ村の村長一族の血が騒いだのか、俺は思わずガイーラに詰め寄るような言い方をしてしまった。

 だが、ガイーラは俺の詰め寄りを軽くかわし、再び俺たちの先頭を歩き始めた。

 その数分後、俺たち4人は大きな重厚感のある扉の前まで来ていた。

「ここが、謁見の間への入口だ」

「扉が閉まっているわね…」

「正面から正々堂々突入するか!?」

「アコード、それじゃ無策にも程がある…」

「レイス、冗談だよ…アルモ、どう思う?」

「そうね…ガイーラさん、謁見の間へは、この扉を通るしかないの?」

「ああ。万が一の時は、この場所が陛下を守る最終防衛ラインになるからな…背後を突かれるようなことがあってはならない訳で、入口はこの扉しかない…」

「それじゃ、冗談じゃなく強行突破するしかないんだな…」

「待て!私に策がある…」

「レイス。策とは?」

「これです。主」

 すると、レイスは右の手のひらを皆の前に差し出すと、魔法で鼠を作り出して見せた。

「これは『アオーフ』という魔法で、この鼠が見たものを私の目に映し出すことができる」

「便利な魔法ね!」

「ただし、もしこの鼠に何かあれば、私の体にも同様の事象が起こってしまう。便利ではあるけど、その分リスクも大きいのさ…」

「レイス…そんな危険な魔法を、使ってくれると言うのか…」

「ヘマはしませんから、主は安心して見ていて下さい」

「レイス、気をつけて…」

「何かあったら、すぐに魔法を解除した方がいいわ…」

「アルモにアコードも、ありがとう…」

 そうレイスが言うや否や、手のひらに乗っていた魔法の鼠は、レイスの腕、脇の下、そして足を通り地面に到達すると、扉の隙間から中に入って行った。

「どうだ、レイス。中の様子は…」

「…どうやら、誰もいないみたいです」

「とりあえず、入口付近に誰もいないんだから、扉を開け中に入ってみた方がいいんじゃ…」

「そうだな…レイス。魔法を解いてくれ」

「承知しました」

 レイスの集中が解かれ、それまで眉間に寄っていた小さなシワが顔から消え失せる。

「それじゃ、俺とアコードが扉を開くから、アルモとレイスを先頭に、謁見の間に突入してくれ」

「レイスの魔法では、中には誰もいないように映ったようだけど、奥の奥に敵が隠れているかも知れない。アルモとレイス、突撃する際は十分に注意してくれ」

「アコード、心配してくれてありがとう!でも、私は大丈夫よ。それにレイスも、ね」

「ああアルモ。それよりも、私たち2人に遅れを取るなよ、アコード」

「分かった」

「それじゃ、12の3で扉を押すぞ…1…2の…3!!」

“ギギギギギギギ…”

 重厚感のある観音開きの大きな扉が、音を立てて開いていく。

 そして、人1人通れる隙間が出来た瞬間、アルモ、レイスの順番に中に突入する。

「私たちも行くぞ、アコード」

「ああ!!」

 そして、扉を押すのを止めた俺、更にはガイーラが殿で中に突入した、はずだった。

“ギギギギギギキ…”

“バッタン”

「??」

 突入して間もなく、今潜り抜けた扉が閉じる音が後方から聞こえてきたため、その場に立ち止まり俺は振り返った。

「…ガイーラさん!何をやっているんですか!?」

「主…これは一体…」

 俺よりも先に異変に気付き、入口方向に向き直った2人が、ガイーラに問う。

 振り返った俺の目に映ったのは、扉に手をかざし、魔法の力でそれを閉じているガイーラの姿だった。

「ガイーラ…お前は一体…」

 扉を閉め終えたガイーラが、俺たち3人の方に向き直る。

「…ガイーラ…さん?」

「…主…なんですか?」

 ガイーラの顔を見たアルモとレイスが、怯えた声で問いかける。

 3人の目に映ったのは、この世のものとは思えない程に歪んだ、ガイーラの顔だった。