本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode5「帰郷」 第1話 〜Crescent Alliance〜

「うっうっ…ガイーラさんが、死んだなんて…うっうっ…ひっく…」

 アルモの嗚咽が、謁見の間に響き渡る。

 ガイーラに成り代わっていたラジマの武器の破壊に成功した俺たちは、何とかラジマをこの王宮から退却させることに成功した。

 だが、ラジマからもたらされた本物のガイーラの消息は、アルモの心を乱しに乱していた。

「アルモ…」

 アルモにかける言葉が見つからない俺は、言葉を詰まらせた。

「アコード…今は好きなだけ泣かせてやるのも、優しさというもんさね…」

 俺の肩にそっと手を置き、虚空を見つめながらレイスが言う。

「レイス…お前は、辛くないのか?」

「辛くない…と言ったら嘘になるな…でも、私が泣いた所で、死んだ主様は喜ばない」

「そうか…」

 急に辺りが静寂に包まれる。

 アルモの嗚咽が止まったようだ。

 アルモを見ると、ゆっくりと目を開き、そして口を開いた。

「ガイーラさん…いえ、ガイーラは、私の命の恩人なの」

 突然、堰を切ったようにアルモが語りだす。

「命の、恩人?」

「そう…あれは、私がこの剣と共に旅に出た直後のことだった」


***


 その日、習わしに従って成人の儀式を受けた私は、両親からとんでもないカミングアウトを受けた。

「お前は、私たちの子どもじゃないんだ…」

「……えっ!?」

 唐突に、私の想定外の言葉を口にする父。

「信じられないかも知れないけど、本当のことなの」

 すると、母の言葉に呼応するように、父は腰に携えた剣を抜きテーブルの上に置く。

「この剣のことは、知ってるな」

「父さんがずっと肌身離さず持ち歩いている剣、よね…」

「そうじゃない。この剣の云われを、小さい頃、母さんから聞いているはずだ…」

 そう言いながら父が指す指の先を見ると、柄の部分に三日月の紋章が見える。

「…これは……母さんがよく話してくれた『月明りの剣』…おとぎ話だとばかり思っていたけど…しかも、その剣を父さんが持っていたなんて…」

「母さんのおとぎ話では、この剣の使い手はどう語られていた?」

「確か…『剣を持つ者、身体にその印を持つ。身体に刻まれしその印は剣を持つ者に力を与え、心正しい者の傷を癒し、邪悪なる者共を闇の彼方へと葬り去る力を得る。やがて、その者は同志たちと共に、世界を本来の姿を還したのだった』みたいな感じで…って…」

「父さん!!その者が、私だとでも言いたいの?」

「アルモ。その通りだ」

「嘘よ!私の身体に印なんて…」

 すると母さんは、私の右肩に手をあてると、静かに魔法の詠唱を始める。

「母さん!何で母さんが魔法を…」

 そして、母さんの手から放たれている光が一瞬強く光ると同時に、私の中から力強いエネルギーが沸き起こってくるのを感じた。

「アルモ。自分の身体を、鏡で見てみなさい」

 父さんが大きめの手鏡を私に手渡す。

「これは…右肩に三日月のアザが…ついさっきまで、こんなアザはなかったのに…」

「私がお前とこの剣をここに連れ帰った時、母さんがお前の身体に保護魔法をかけたんだよ。来る日が来るまで、第三者にアザを見られないようにするため。そして、強大な力に、成長過程のアルモが飲み込まれないようにするために」

「そんな…」

「あなたは、私たちが思った以上に立派に育ってくれた。そして、この『月明りの剣』と魔法を扱うに相応しい年齢になった。私たちの元を旅立つ時が来たのよ…」

「私、父さんから一通りの剣技は習ったけど、魔法を扱う修行はやっていないわ…急に『魔法』扱うに相応しい年齢、と言われても…それに、魔法はこの世界の『禁忌』なんでしょ!?」

「魔法の扱い方は、この『月明りの剣』が教授し、導いてくれるだろう。心配はない。それに、魔法が『禁忌』とされているのは『ワイギヤ教』の教えによるからに他ならず、アルモ、お前はその『ワイギヤ教団』を敵に回すことになるんだ」

「ワイギヤ教団が、敵!?」

「ワイギヤ教は、この世界を支配している宗教といっても過言じゃない。そして、ワイギヤ教がその支配力を絶対のものにしているのが『魔力の独占』だ。人々の信仰心を利用し、魔法を『禁忌』とすることで、その力を独占し、世界を裏から支配している。世界中で発生する戦争も、あまつさえ自然発生的に起こる天変地異でさえも、教団が意図的に発生させているのでは?と、反教団派の間では噂になっている」

「父さんと母さんは、その『反教団派』って訳ね…」

「そう。私たち反教団派は『Crescent Alliance(CA)』と名乗り、世界のさまざまな場所に同志がいるわ。その『月明りの剣』の紋章と同じデザインの物品、主に装飾品を身につけているわ」

 父と母が結婚指輪を私に見せる。

 二人の指輪には、確かに月明りの剣と同じ紋章が刻まれている。

「CAには予言の巫女がいて、原則その巫女の予言に従い、父さんたちは行動をしている。私は今から17年前、巫女の予言に従い旅をし、お前と月明りの剣を見つけた。そして、今日までお前をわが子のように育ててきたんだ」

「アルモ。あなたは、私たちの『希望の星』。この世界をあるべき姿に戻すことのできる、唯一の希望なの。さぁ、目の前の月明りの剣を、手にとってみて…」

 私は、恐る恐る目の前の剣に手を伸ばした…