本文へスキップ

剣世炸 novel site 〜月明りの少女〜

月明りの少女

原案:剣世 炸/加賀 那月
著:剣世 炸


Episode7「三日月同盟」 第6話 〜出会い〜

「サリット……その…もう、いいんじゃないか。これ以上は…」

 顔を赤らめながら、シューがサリットをたしなめる。

「………そうね……」

「…」「…」

 その場の全員が頬を赤らめ、そして沈黙という名の空気が支配する。

「まぁ、俺とアルモの話はいいとして…そっちの収穫はどうだったんだ?」

 場の空気を打破するため、俺はシュー・サリットペアが集めてきた情報を聞くことにした。

「…そうね……アコード達が居た市場側から逃げてきた商人に、話を聞くことができたわね」


***


“ドドドドドド…”

 遠くから、砂煙が上がっているのが分かる。

「…サリット!あの砂煙の方角って…」

「ええ…アコードとアルモが向かった、旧市街地付近ね…」

「一体、何があったんだろうな…」

「…それを確かめるには、当事者に聞くのが一番ね」

 そう言ってサリットが合図を送った先には、膝に手をついて『はあはあ』と息を切らせている商人の姿があった。

「…大丈夫ですか?」

「まぁ、これでも飲んで」

 サリットが話しかけると同時に、俺は懐から竹筒の水筒を取り出す。

「…いいのかい?」

「はい。宿から持ってきた、ただの水ですから」

「それはありがたい!それじゃ遠慮なく!」

“ゴクゴクゴクゴク…”

「ところで、何があったんですか?」

「…お前さん方は、旅の方とお見受けするが…禁制取引って、知っているかい?」

 俺とサリットは、同時に首を横に振る。

「ワイギヤ教団が、宗教上若しくは道徳上取引を禁止している物品を取引することさ」

「それって、例えばどんなものなんです?」

「貴重な動植物の体の一部とか、他教の神の偶像。あとは奴隷や子どもといった『人』だな」

「俺は貿易商を営んでいるんだが、積み荷の中にたまたま偶像が混ざっていてな…それを見た監査官に取り押さえられそうになったところを、間一髪で逃げてきたって訳さ…」

「…商品を置いて逃げて来たってことですか…それじゃもう商売は…」

「何。それは心配いらないさ!」

“ジャラジャラジャラ…”

 そう言うと、商人はローブの懐を俺たちに見せる。

「!!よくもまあ、そんなにもたくさんの金銀財宝を、そのローブの中に隠し持てるもんですね……」

「こういう商売をしている以上、何か起こって身一つで逃げたとしても、再起ができるように準備するのが普通だよ」

「はぁ…」

「そうだ!水のお礼って訳じゃないが…俺に何か手助け出来ることはないか?俺に話しかけて水をご馳走したのも、ただの親切じゃないんだろう?それに、お二人さんからは、ただの旅人とは思えない何かを感じるんだ…」

 とっさに身構えるサリット。

 だが、俺はこの商人が俺たちに害を成す者には思えず、サリットに合図を送って構えを解かせた。

「なら1つ…数日前、この大陸の中央にある王都で、何があったのかを知りたい…」

「何があったのか…って、別に王都はいつも通り平和そのもので…」

「いや、そんなことはないはずだ!夜半過ぎに、大きな騒ぎがあったはずだ!!」

“シャキィィン…”

 刹那、俺の喉元に得物の切っ先を当てる商人が、目の前に立っていた。

 そして、その商人に今にも飛びかかろうとするサリットを手でおさえる。

「お前らは…教団の遊撃部隊か!!」

“ヒュゥゥゥゥゥゥ…”

 その瞬間、それまでローブのたるみで隠されていた商人の腰元が風で煽られ、アコードやアルモの剣の柄にある三日月の紋章と同じものが描かれた、ベルトのバックルが見え隠れする。

「(…この商人は…間違いない!秘密結社『三日月同盟』のメンバーだ!)」

「…もし、教団の遊撃部隊だったら、あなたの話を聞いてすぐに取り押さえると思うけど?」

 冷静さを取り戻し、状況を分析したサリットが的確な答えを相手に投げかけた。

“カチャッ”

 俺の喉元から、獲物の切っ先が遠退いていく。

「確かに、それもそうだ…」

「…信じてもらえたかしら?」

「ああ。お嬢ちゃんの言うことを信じるとしよう」

「それで…それだけ教団を警戒している、ということは…」

「ああ。間違いなく、夜半過ぎに起きた騒ぎのことについて、俺は情報を握っているよ」

「だが…その情報を知って、お前たちはどうするつもりだ?お前たちに有益な情報とは限らないぞ?」

「…あなたがしている、三日月型のベルトのバックル。あまり見ないものね…それ、どうしたの?」

 俺は、そのベルトをしているだけで、三日月同盟のメンバーだと断定していた。

 だが、サリットはわざと吹っ掛けるような質問を投げかけ、それを確認しようとしている。

 流石、というか、抜け目がない、というか…

「これか?これは、だな………その……」

「(…サリットの質問に、明らかに動揺している…ということは、やはり…)」

「答えたくないなら、別に私たちに言わなくてもいいわ。ただ、私たちの宿に同行してもらえないかしら?私たちの連れが、きっとあなたに用事があると思うから」

「…どういうことだ?」

「もし、水の恩がまだ有効だというなら、俺たちと一緒に来て欲しい、ということさ」

「一飯の恩は、犬も忘れないという…よし、お前たちの連れとやらのところに、連れて行ってもらおうか」

 こうして俺とサリットは、道端で助けた、三日月同盟のメンバーと思しき商人と共に、宿に戻ったのだった。


第7話 に続く